裸体に反応

彼女は、汗をかきやすい体質だったようで、白いワンピースは透け黒いインナーのキャミソールが見えてしまいました。
そして彼女からは香水と女性の匂いの混ざった空気が流れてくると私の股間は否応なしに反応しました。

小さなテーブルをはさんであぐらをかいていた私のソレは直ぐに気がつかれてしまい、
「やだぁ…したいの?」
聞かれてしまいました。

私は無言で彼女の隣に座るとワンピースの太ももの部分をたくし上げ、彼女の股間をまさぐりました。
「ん…あっ!」
既に彼女のショーツは陰毛が透けるほどに濡れていて、私はリビングで押し倒しました。

下着を脱がし、ワンピースを胸のあたりまで押し上げると、私はゆっくり中指を入れました。
「ん…、ゆっくりで…」
濡れやすいのか透明な汁を垂らしながらピンク色のそこをかき回していると、「2本目はダメぇ…」
指2本は痛いのかな?と思いましたが、彼女のあそこはぐしょぐしょで私は2本目の指をゆっくり入れました。

「ーーー!」
身体を反らしてイってしまいました。
「だから…ダメだよぉ…ん!」
なるほどと思い、私は「ダメ」な2本目の指で彼女の反応を楽しみました。

二人共汗と、彼女の愛液でベトベトになりながら絡み合った後の冷たいシャワーと言ったら、クーラーの故障に感謝するほどの爽快感でした。

無修正動画リンク
無修正動画と裏DVDのサンプル動画サイトを集めたアダルト動画サイトリンク集
dougahakkutsu.com/

«
»