婚活支援委員会を結成

私の友人にミスコンの経験者がいます。
このこと自体が私の自慢でもあるのですが、いまだに独身なのです。

容姿は申し分なく、性格はちょっと天然ですが、基本的にはやさしい子で、昔からかなりの健康オタクです。
そこで友人を結婚に導くために、婚活支援委員会を友達と勝手に結束しました。

女子会の席でのことなので、半分はノリですが、友人の結婚あってこそ、我々の結婚の近道!という結論が出たのです。
そうです。
私達は全員独身です。

いい男と出会うには、ミスコンの友人の結婚式が当たりだという結論に達しました。
たしか結論を導いたのは私だったはずです。

最近、仕事もますます忙しくなり、休日は趣味のアウトドアで忙しく、ゆっくり婚活している暇がないのです。
そこで一番結婚できそうなミスコン友達を結婚させ、旦那様のお友達を自然なかたちで紹介してもらうというシナリオです。

新居でホームパーティなんか開いちゃったりして、何度か顔をあわせるうちに誰かと誰かが恋愛に発展するでしょう。

婚活の多様化

婚活ブームになって久しいですね。
私は既婚者ですが、独身時代は友達と婚活パーティに参加したこともあります。
結局旦那とは社内恋愛でしたが。
今では婚活のスタイルも多様化して、様々な場が設けられていますね。

行政も婚活にはとても積極的であり、行政が企画するものや助成金などが出るものもあるとか。
以前は、不況により1人で働いて生きていくことに不安を感じ始めている女性の婚活が盛んだったようですが、最近は性別に関わらず、人気ですよね。
方法としては、結婚相談所や結婚情報サービス、インターネットのマッチングサイト、お見合いパーティ、街コン、合コンのマッチングサイト、紹介など様々なものがあります。
特別なものととらえなければ、日常の中にも出会いのきっかけは沢山あるものです。
これまで異性に縁がなかった人にとっては、いきなりの婚活はなかなか難しく、うまくいかないことも多いかもしれません。
そこで、実際の婚活がうまくいくために、コミュニケーション教室やメイク教室などを開いている事業所もあるそうですよ。
初めてお会いする人とは、第一印象が命ですからね。
かなり有効な手段ではないでしょうか。
女性にとっては、やはり出産のことを考えると、早く相手を見つけて結婚するために、短期間で結婚が決まるようなサービスが人気なんだとか。
男女共にですが、やはりお相手への条件といいますか、結婚への明確な考えが婚活を進めていく上では重要ではないでしょうか。
やはり、男性であれば、高学歴で高収入な方が人気があるでしょうし、女性であれば、容姿端麗で家庭的な方が人気でしょうかね。

»