パソコンの履歴から発覚した事実

学生時代に就職活動をしていた頃、パソコンを借りるため幼馴染の家に頻繁に行っていた。
就活って思っていた以上にパソコンでのやり取りが多いし、文章を作成してメール添付で提出ということもあった。

文章を作成するとなると時間もかかるため幼馴染が先に寝てしまったとき、気になるものを発見。
途中保存していたものを開こうとソフトの履歴を見ると、『思い出』とタイトル付けされたファイルがたくさん並んでいた。

普段は人のプライバシーを覗くようなことは絶対にしないけど、このときだけはものすごく興味が湧き、気付いたらそのファイルを開いていた。
そこには、会話のような内容が延々と綴られていた。おそらくネットの掲示板でのやり取りをコピペしたものだろう。

いけないと思いながらも、ここまできたら読みたいという願望に負けてしまった。
内容は、正直私にとっては気持ち悪いものだった。

幼馴染のお父さんと昔文通していた同級生の女性らしき人との会話で、「君を一番愛しているよ」「私もだよ。ねぇ、お風呂に入ってくるから想像してて」「わかった。君に直接触れたいよ。ツンツン」「私もあなたの上に乗りたい」というような展開。お互い家族がいるのに…。

しかも何、ツンツンって。
その先には更に生々しいやりとりが続いていた。
文章で性欲をぶつけ合っている感じ。学生の私には刺激が強すぎた。

それを発見してから、しばらくここの家族と顔を合わせ辛くなり、ついにパソコンは親に買ってもらった。
自分の親ももしかして…と思うとゾッとする。どうやら少し人間不信になってしまったかも。
でもそもそも悪いのは覗いた自分。こういうことは“知らぬが仏”。反省しよう。

ピックアップアダルト無修正動画
日本人AV女優が出演の無修正動画を厳選してピックアップ
dougahakkutsu.com/
いくつになっても欲望は尽きない

«
»