酒席での警告

昔、占い師というか霊能者に「お酒を飲む日を決めておいて、予定外の誘いがあっても断りなさい」と、えらくピンポイントなことを言われた。
私を守る守護霊がそのように言っているんだと。

その霊能者に伝えていたことは、私の生年月日と親きょうだいの名前のみ。
それだけで色々なものが見えてしまうんだからすごい。
伝えていなかったが、母が流産したことがある。

姉が生まれる前に兄が生まれる予定だったんだと。
その兄が私の守護霊で、とても心配しているそうで、お酒に関する警告を発しているようだ。
実際若い頃、仕事後にまっすぐ帰ろうと思っていたのにノリでクラブに行ったり、飲み会に行ったり、バーベキューに参戦して盛り上がりすぎて大変なことになったことが何度もある。

たいていはクタクタに疲れた体に一気にアルコールを入れてしまったことが原因で、トイレから出られなかったり、翌日二日酔いでつらい思いをした。
また、「私がおごるから!」と言い張って全額出したりする、らしい。

記憶をなくしたときは、だいたい予想外の飲み会のときだった。
今となってはそんな体力も暇もないから、なかなか予想外の飲み会は無いし、もう二度としないと誓っている。
そのようなお酒漬けの楽しい毎日をやめた途端に、今付き合っている彼と出会った。

今までなかなか続かなかったのに、もうすぐ3年を迎える。
一緒に住んでいるので、夕飯を作ったりしなければいけない。
という理由もあって、突然の飲み会の誘いがなくなった。

周りの無茶していたメンバーも落ち着いてきた頃だし、守護霊の兄がお勧めしているような穏やかな生活を続けていこうと思う。

«
»