妄想で楽しんだアノ頃

中高生のころを思い返すと、好きな男性タレントと付き合えたらどうしようなどと、今考えたら冷や汗の出るような夢を本気で描いていたりした。

その後、男性タレントは学校で一番人気の誰かになり、社会に出てからは社内の女子社員憧れの的の誰かになり、夢にも少しずつ現実が入り込んできたような気がする。
友人たちの話を聞いても、だいたいそのような変遷をたどっているようだ。

夢を見るより真剣に婚活を考えたほうがいいような年齢になっても、ケーキを頬張りながら「通勤途中で素敵な男性に声をかけられたら」などという妄想を友人と語るのは楽しい。
ちょっとした妄想は、日々を乗り切る一服の清涼剤なのだ。

たとえそれが、「実はその男性はどこかの御曹司で」「しかも次男で」といった、煩悩含有率の高いものだとしても。

デリヘルを呼ぶ
埼玉デリヘル
風営法に基づく届出確認書チェック済みの合法店のみを掲載している安心の埼玉専門のデリバリーヘルス情報サイト。
www.sai-deli.jp/

«
»